国際シンポジウム「Diverse plant genetic resources for future sustainable agriculture」の開催

農研機構・生物系特定産業技術研究支援センターが推進するムーンショット型農林水産研究開発事業の研究課題、
「サイバーフィジカルシステムを利用した作物強靭化による食料リスクゼロの実現」
では、
このたび、国際シンポジウム「Diverse plant genetic resources for future sustainable agriculture」を開催することとなりました。

野生植物など植物遺伝資源の多様性や強靭性に関する国内外の研究動向を共有し、将来の持続可能な農業におけるそれら遺伝資源の可能性について議論することを目的としています。
ぜひご参加いただけましたら幸いです。

開催日は2022年7月16日(土)の午後、会場開催を予定しており、オンラインも同時開催いたします。

参加は無料ですが、会場・オンラインとも定員があるため、事前の登録が必要です。

事前登録および詳細は、以下のURLをご参照ください。
https://www.cps-supercrop.jp/ms_symposium_2022-07-16/

どうぞよろしくお願いいたします。